• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集

重文 古備前高綱太刀 - 鎌倉時代(12~13世紀)

高綱は古備前派の刀工で現存する類品の少ない好資料の一振りである。本刀は総体健全で、精緻な地鉄と変化に富む刃中の働きは、無技巧の技と讃えられる古備前物の特色を存分に発揮している。滝川左近将監一益の愛刀で、武田家追討の際、主君織田信長より拝領したと伝える。付帯の「朱塗鞘打刀拵」は桃山期の製作で、華麗な桃山の時代層を反映した名拵である。

刀剣・刀装具一覧に戻る