静嘉堂文庫美術館

公益財団法人 静嘉堂 
Seikado Foundation

チケット購入・日時指定予約

Loading...Loading...

About静嘉堂について

静嘉堂文庫について

静嘉堂文庫

静嘉堂文庫の
建築について

静嘉堂文庫の洋館は、桜井小太郎(1870~1953)の設計により、1924年(大正13)に建てられました。鉄筋コンクリート造2階建でスクラッチタイル貼りの瀟洒な外観で、当時のイギリス郊外住宅のスタイルを顕著に表しています。
※文庫の内部は非公開です。

霊廟

霊廟について

庭園内にある霊廟(納骨堂)は、英国人建築家・ジョサイア・コンドル(1852~1920)の設計によるもので、1910年(明治43)、岩﨑彌之助の三回忌に際し建てられました。鹿鳴館の設計で知られるコンドルは、岩﨑彌之助の深川邸洋館(現・清澄公園内、現存せず)や高輪邸(現・開東閣)、三菱一号館(2009年復元、現・三菱一号館美術館)など、岩﨑家ゆかりの建築物を数多く手がけています。
静嘉堂文庫・霊廟は共に東京都選定歴史的建造物に指定されています。
霊廟は現在も墓所として使用されています。観覧の際にはご配慮願います。

庭園

庭園

武蔵野の面影を色濃く残した庭園では、南側斜面の梅園やギンモクセイ(世田谷名木百選)など、四季折々のさまざまな樹木や花々を楽しむことができます。

※(公財)静嘉堂の所蔵品のうち、古典籍など文庫所蔵作品の写真貸出、閲覧、建物について等は、ハローダイヤル(電話050-5541-8600)もしくは静嘉堂文庫問合せEメール(etsuran@seikado.or.jp)までお問い合わせください。

閲覧利用について

交通案内・アクセス

topに戻る