• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集
  • 開催中の展覧会・講演会
  • 展示作品の紹介
  • 次回の展覧会・講演会
  • 年間スケジュール
  • これまでの展覧会

歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~

<期間>2018年1月20日(土)~3月25日(日) <休館日>月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)

※会期中、作品の展示替えを致します。

<前期>2018年1月20日(土)~2月25日(日) <後期>2018年2月27日(火)~3月25日(日)

「錦のように美しい」と称され、江戸時代の庶民を熱狂させた多色摺木版画「錦絵」。江戸時代後期から末期(19世紀前半)を代表する浮世絵師、歌川国貞(1786-1864、三代歌川豊国)は若くから頭角を現し、59歳の時、師の名を継いで三代豊国を名乗り、歌川派の総帥として多くの門人を率いて活躍しました。特に美人画と役者絵の名手として知られています。本展では、国貞の代表作の中から、江戸の香りを色濃く湛えた作品を選び、展示致します。慌ただしい日常を離れ、しばし江戸の街にタイムスリップしてみませんか。

下記より出品目録をご覧いただけます。
出品目録(420KB)

見どころ

見どころ1:8年ぶり、静嘉堂の誇る歌川国貞の作品を一挙公開!

歌川国貞が最も得意とした美人画と役者絵。1枚摺(ずり)の大首絵から、3枚続きの風俗画まで多彩な作品が揃います。登場する人物も実にさまざま。優美な姿の花魁(おいらん)からおきゃんな町娘、忙しく立ち働く長屋のおかみさんまで、いきいきとした江戸の女性たちや、江戸の“いい男”歌舞伎役者の面々も、皆様のお越しをお待ちしております。

見どころ2:圧倒的な迫力の大首絵(おおくびえ)が目白押し!

胸元から上、顔の部分を画面一杯に描く大首絵。何よりその迫力に圧倒されます。女性の繊細な表情がより一層細やかに表現され、眼元や口元のちょっとした動きにその女性の内面が鮮やかに描き出されています。役者たちの命である目にこめられた力も、直接見る者に迫ってきます。そして、これらの表現を支えているのが、彫師(ほりし)・摺師(すりし)の卓越した技術でした。絵の迫力を支える彫り、摺りの細部にもご注目ください。

見どころ3:摺り立てと見紛う鮮やかさ!

「錦絵」の名の由来となった多色摺り。その色の鮮やかさは錦絵の命です。ただ、錦絵は庶民に好まれただけあって、部屋に飾るなど日に当たる確率が高く、褪(あ)せやすい顔料の性質もあって色が退色してしまう危険が大変大きいものです。静嘉堂の錦絵は、ウラ・オモテ貼込みの折帖に仕立てられているため、ほとんど光に当たることなく保存されてきました。静嘉堂の錦絵で、その名の由来となった鮮やかさを実感してください。

開催概要

会期:2018年1月20日(土)~3月25日(日) 休館日:月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)
開館時間:午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで) 入館料:一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
※団体割引は20名以上 ※リピーター割引:会期中に本展示の入館券をご提示いただけますと、2回目以降は200円引きとなります。

関連イベント情報

地下講堂にて定員120名(当日、開館時より整理券配布)
※整理券はお1人様につき1枚限定
 午後1時15分開場、整理券の番号順にご入場いただきます。
 午後1時30分開始(約90分予定)

2018年2月10日(土)
題目:「粋でイナセな浮世絵師、歌川国貞」
講師:小林忠氏(岡田美術館館長)

2018年2月24日(土)
題目:「江戸美人の流行通信」
講師:村田孝子氏(ポーラ文化研究所シニア研究員)

2018年3月10日(土)
題目:「私と国貞」(仮題)
講師:ロバート キャンベル氏(国文学研究資料館館長)

<河野元昭館長のおしゃべりトーク>
日時:2018年3月3日(土)
題目:「桃山風俗画私論」
講師:河野元昭(静嘉堂文庫美術館館長)

<トークショー>
2018年1月20日(土)午後4時~午後4時45分(開場:午後3時45分)

ゲスト:太田記念美術館 主席学芸員 日野原 健司氏
出演:静嘉堂文庫 主任司書 成澤 麻子
ナビゲーター: 青い日記帳 Tak 中村 剛士氏

太田記念美術館の日野原主席学芸員をゲストにお迎えし、当館主任司書の成澤との楽しいトークショーを開催します。ナビゲーターは、アート系ブログのカリスマ的存在である青い日記帳Takさんこと中村剛士さんが担当します。

会場:地下講堂
参加費:無料(但し、当日の入館券が必要です。)

会場へは、先着順にご入場いただけますが、定員をオーバーした場合は、ご入場をご遠慮いただくことがございます。(入退場は自由です。)

司書による列品解説

展示内容・作品について担当司書が解説します。


午前11時から   1月27日(土)・3月17日(土)
午後2時から   2月15日(木)・3月22日(木)