静嘉堂文庫美術館

公益財団法人 静嘉堂 
Seikado Foundation

チケット購入・日時指定予約

竣工100年記念・静嘉堂文庫(世田谷区岡本)探検!

非公開の文庫建物内部を学芸員が解説、岩﨑家霊廟、庭園もご案内します。
【日時】
4月30日(火)、5月10日(金)、いずれも10:30~、13:30~、15:30~
【定員】
各回20名 ただし「暁斎×武四郎展」の有料入館券をご提示ください。
【お申込方法】
詳細は当館ホームページでお知らせいたします。

担当学芸員のスライドトーク

【日時】
5月4日(土)、5月19日(日)、6月1日(土) いずれも14:00~
【定員】
30名(聴講無料・当日の入館券必要)
【会場】
明治安田ギャラリー(明治安田生命ビル低層棟1F)
【お申込方法】
詳細は当館ホームページでお知らせいたします。
※本企画は「明治安田ヴィレッジ」の取り組みの一環として、明治安田生命保険相互会社にご協力いただいております。
明治安田生命ロゴ

「鼎談 がいなもん!暁斎と武四郎!」

【講師】
河治和香(小説家)×山本命(松浦武四郎記念館館長)×安村敏信(当館館長)
【日時】
4月21日(日)14:00~15:30
【会場】
明治安田ホール丸の内(明治安田生命ビル低層棟4F)
【お申込方法】
詳細は当館ホームページでお知らせいたします。
※本企画は「明治安田ヴィレッジ」の取り組みの一環として、明治安田生命保険相互会社にご協力いただいております。
明治安田生命ロゴ

ハッピー龍イヤー! 〜絵画・工芸の龍を楽しむ〜

Exhibition info展覧会

これまでの展覧会

ハッピー(リュウ)イヤー!
〜絵画・工芸の龍を楽しむ〜

2024年1月2日(火)~2月3日(土)

青花紅彩龍文盤「大清乾隆年製」銘 景徳鎮官窯 清時代・乾隆年間(1736~95)
青花紅彩龍文盤「大清乾隆年製」銘 景徳鎮官窯 清時代・乾隆年間(1736~95)
鈴木松年「群仙図屛風」明治28年(1895)
鈴木松年「群仙図屛風」明治28年(1895)

想像上の動物である「龍」は、古代中国で誕生しました。
天に昇り、雨を降らせるなど様々な力をもつとされ、強さや権力を象徴する龍は、吉祥図様として、東アジアの絵画をはじめ、数多くの工芸品に取り上げられています。
中国の「五行思想」※とも結びついた龍は、四神の中で東方を護る青龍となり、西方の白虎と“玉環”を取り合う図像も多く認められます。これは陽(東方)と陰(西方)のバランスが取れていることを示し、それにちなむ「龍虎図」がよく知られています。鳳凰と組み合わせて皇帝と皇后を象徴した「龍鳳図」、雲を従わせ天空を飛翔する「雲龍図」、波間に姿を現す「龍濤図」など、龍は多彩な姿で表され、人々に愛されてきました。

本展では、重要文化財の橋本雅邦≪龍虎図屏風≫(1895年)をはじめ、龍のモチーフとする作品を幅広いジャンルから集めました。これまで公開される機会が少なかった作品も、ここぞとばかりに登場いたします。
古来人々がその霊力、吉祥を呼ぶ力に願いを込めた「龍」の絵画・工芸品を、2024年・辰年正月の「静嘉堂@丸の内」にて、どうぞお楽しみ下さい!

※古代中国の自然哲学の思想。万物は木・火・土・金・水の五つの元素から成り立ち、それが互いに影響を与えながら天地万物が変化、循環するという考え。

◎ 国宝《曜変天目(稲葉天目)》も出品いたします。

日本博ロゴ

会期
2024年1月2日(火)~2月3日(土)
休館日
月曜日、1月9日(火) ※1月8日(月・祝)/1月29日(月)は開館
開館時間
10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)。
金曜日は18:00 (入館は17:30)まで。
会場
静嘉堂@丸の内 (明治生命館1階)
入館料
一般 1500円
大高生 1000円
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円
中学生以下 無料

★「辰年生まれ」の方、姓名に「龍・竜・辰・タツ・リュウ」がついている方は、同伴者も含め、本展の入館料を200円割引いたします。
※他の割引との併用はできません。 
※ご入館の際、証明になるものをご提示ください。

公式オンラインチケット

※当日券の販売もございます。
※無料チケットをお持ちの方はご予約不要です。

特別開館日
1月29日(月)はトークフリーデー!

普段ご遠慮いただいている展示室内での会話が自由にできる日として、ご入館いただいた方、どなたも作品を御覧になりながら、ご友人、ご家族とご自由にお話ください。
館内で、学芸員による列品解説を11:00~/14:00~の2回(各回40分)行います。
音声ガイド
遠藤淳さん
ナビゲーター:
声優 遠藤(あつし)さん
貸出料金:1名様1台 600円(税込)

『岩﨑家のお雛さま』クラシックミニコンサートの夕べ

一般財団法人「100万人のクラシックライブ」によるホワイエでのミニコンサート
【日時】
3月15日(金) 17:30開場 18:00開演(演奏時間:45分間)
【会場】
静嘉堂@丸の内 ホワイエ
【申込方法】
HP予約サイトにて2月29日10時より発売
【料金】
1名 3,000円 自由席(美術館の入場券を含む)
【定員】
50名
【主催】
静嘉堂文庫美術館
【共催】
KKRジャパン

チケットの購入はこちら

二つの頂 ―宋磁と清朝官窯

Exhibition info展覧会

これまでの展覧会

静嘉堂@丸の内 開館1周年記念特別展

二つの頂
―宋磁と清朝官窯

2023年10月7日(土)~12月17日(日)

青磁鼎形香炉 南宋官窯 南宋時代(12~13世紀)
青磁鼎形香炉 南宋官窯 南宋時代(12~13世紀)
重要美術品 青花臙脂紅龍鳳文瓶 一対 「大清乾隆年製」銘  景徳鎮官窯 清時代・乾隆年間(1736~95)
重要美術品 青花臙脂紅龍鳳文瓶 一対 「大清乾隆年製」銘 
景徳鎮官窯 清時代・乾隆年間(1736~95)

8000年を超える悠久の歴史をもち、陶芸技術の粋を極めた中国陶磁。その歴史上、二つの頂点といえるのが、宋代(960~1279)の陶磁器と清朝(1616~1912)の官窯磁器です。
商工業や各種技術が発達した宋代の中国では、各地で青磁や白磁、黒釉など多種多様で洗練された陶磁器が生み出されました。それらは後世「宋磁」と称えられ、「古典」として現代にまで影響を与え続けています。
また最後の王朝・清朝では、磁器の都・景徳鎮に宮廷用の陶磁器を焼造する政府直営の工房=官窯が設置され、最高の技術と材料をもって皇帝のためのやきものが作られました。
清朝最盛期、康煕・雍正・乾隆の三代(1662~1795)の皇帝たちは、陶磁器への関心が高く、官窯に督陶官が派遣され、技術・意匠の両面で究極ともいうべき作品が次々と生み出されました。
静嘉堂所蔵の清朝官窯磁器には、岩﨑彌之助(三菱第2代社長、1851~1908)が明治20年代という早い段階で蒐集した作品が含まれています。また20世紀初頭には彌之助の嗣子・小彌太(三菱第4代社長、1879~1945)により、日本伝世の宋磁の優品に加え、新出の宋磁や清朝官窯の名品が蒐集され、世界有数の質を誇る中国陶磁コレクションが形成されました。
本展では、南宋官窯をはじめとする静嘉堂の宋磁の名品と、清朝官窯磁器から青花・五彩・粉彩・単色釉の優品を精選し展示します。

会期
2023年10月7日(土)~12月17日(日)
休館日
月曜日、10月10日(火) ※10月9日(月・祝)は開館
開館時間
10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)。
金曜日は18:00 (入館は17:30)まで。
会場
静嘉堂@丸の内 (明治生命館1階)
入館料
一般 1500円
大高生 1000円
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円
中学生以下 無料

公式オンラインチケット

※当日券の販売もございます。
※無料チケットをお持ちの方はご予約不要です。

音声ガイド
窪田涼子さん
ナビゲーター:
ナレーター 窪田涼子さん
貸出料金:1名様1台 600円(税込)
関連イベント
キュレーターズ・ダイアローグ「中国陶磁の魅力を語る」
[日時]11月12日(日)14時~

詳しく見る

2024年度展覧会スケジュールUPのお知らせ

2024年2月~2025年3月の展覧会スケジュールを掲載致しました。詳しくはこちらをご覧ください。

あの世の探検 ―地獄の十王勢ぞろい―

Exhibition info展覧会

これまでの展覧会

あの世の探検
―地獄の十王勢ぞろい―

2023年8月11日(金・祝)~9月24日(日)

重要美術品 「十王図・二使者図」のうち「第十 五道転輪王」 元~明時代 14世紀
重要美術品 「十王図・二使者図」のうち「第十 五道転輪王」 元~明時代 14世紀
「十二霊獣図巻」(部分) 室町時代 16世紀
「十二霊獣図巻」(部分) 室町時代 16世紀

あの世は、どんな世界なのだろう。
人が現世を離れ、冥界に行くと、閻魔大王など10人の大王(地獄の十王)がいて、罪業を裁くと考えられています。そのため、亡くなった方の縁者が十王を供養することによって、その極楽往生を祈ってきました。静嘉堂文庫美術館所蔵の「十王図・二使者図」(中国・元~明時代)は、圧倒的なエネルギーに満ちた作品で、地獄に出向いて救済をする「地蔵菩薩十王図」(高麗時代)と一具で伝来してきた名品です。 本展では静嘉堂文庫美術館の所蔵品の核の一つである仏教美術、中でも、1999年の『仏教の美術』で初公開して以来、揃って展観する機会のなかった、「十王図・二使者図」及び「地蔵菩薩十王図」全13幅を一堂に展観することで、往時の姿をしのびます。
あわせて、近年修復をおえた、日本、中国の仏教絵画などを修理後初公開するほか、江戸絵画の名品、円山応挙筆「江口君図」を、重要文化財「普賢菩薩像」、重要文化財「西行物語」と共に展示することで、「江口君図」の謎に迫ります。
国宝1件、重文2件、重美5件、豪華メンバーでお待ちしています。

※国宝《曜変天目(稲葉天目)》も出品いたします。

会期
2023年8月11日(金・祝)~9月24日(日)
休館日
月曜日、9月19日(火) ※9月18日(月・祝)は開館
開館時間
10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)。
金曜日は18:00 (入館は17:30)まで。
会場
静嘉堂@丸の内 (明治生命館1階)
入館料
一般 1500円
大高生 1000円
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円
中学生以下 無料

公式オンラインチケット

※当日券の販売もございます。
※無料チケットをお持ちの方はご予約不要です。

音声ガイド
富士渕将行さん
ナビゲーター:
声優 富士渕将行さん
貸出料金:1名様1台 600円(税込)

サムライのおしゃれ―印籠・刀装具・風俗画―

Exhibition info展覧会

これまでの展覧会

サムライのおしゃれ
―印籠・刀装具・風俗画―

2023年6月17日(土)~7月30日(日)

柴田是真 「刀装具蒔絵印籠」 江戸時代・19世紀
柴田是真 「刀装具蒔絵印籠」 江戸時代・19世紀
重要文化財 「四条河原遊楽図屏風」(左隻) 江戸時代・17世紀
重要文化財 「四条河原遊楽図屏風」 江戸時代・17世紀

静嘉堂で新発見!瓦版
静嘉堂で新発見!瓦版はこちら

静嘉堂文庫美術館のコレクションには、武家文化の日常生活の中ではぐくまれたサムライの装身具である刀装具、提げ物の印籠根付の優品が豊富です。こうした近世の美術工芸品は、海外では浮世絵と同じく日本を代表する美術品として高く評価され、明治期以降、ネクタイピンやカフスボタンのようなおしゃれな品として、世界中の愛好家に愛玩、蒐集されてきました。本展では、こうしたいわば“サムライのおしゃれ”を御覧いただくとともに、おしゃれな江戸時代の人々の様子を活き活きと描いた、近世初期風俗画なども併せてご紹介いたします。
また、このたび静嘉堂で発見された、岩﨑彌之助の義父・後藤象二郎が1868年に英国ビクトリア女王から拝領したサーベルを初公開いたします。

※国宝《曜変天目(稲葉天目)》も出品いたします。

会期
2023年6月17日(土)~7月30日(日)
休館日
月曜日、7月18日(火)(7月17日(祝)は開館)
開館時間
10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)。
金曜日は18:00 (入館は17:30)まで。
会場
静嘉堂@丸の内 (明治生命館1階)
入館料
一般 1500円
大高生 1000円
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円
中学生以下 無料

公式オンラインチケット

※当日券の販売もございます。
※無料チケットをお持ちの方はご予約不要です。

音声ガイド
盆子原康さん
ナビゲーター:
声優 盆子原康さん
貸出料金:1名様1台 600円(税込)

明治美術狂想曲

Exhibition info展覧会

これまでの展覧会

特別展

明治美術狂想曲

2023年4月8日(土)~6月4日(日)
[前期]4/8(土) ~ 5/7(日)
[後期]5/10(水) ~ 6/4(日)

重要文化財 橋本雅邦「龍虎図屛風」明治28年(1895)、絹本着色
重要文化財 橋本雅邦「龍虎図屛風」明治28年(1895)、絹本着色
渡辺省亭原画 濤川惣助「七宝四季花卉図瓶」明治時代 19~20世紀、七宝
渡辺省亭原画 濤川惣助「七宝四季花卉図瓶」明治時代 19~20世紀、七宝

江戸幕府が倒れ、西洋文明が流入した明治時代は「美術」が産声を上げた時代でした。
政治体制・身分制の改革、西洋風の建築やファッションの普及など、社会の面でも、文化の面でも、人々の生活と意識に大きな変化がもたらされました。
「美術」という言葉が誕生し、博覧会が開催され、美術館が初めて設置されたのもこの時代です。油彩画が普及し、欧米好みの華麗な工芸品が輸出され、博覧会では絵画や彫刻が並びました。社会全体が西洋化する一方、古美術品の再評価や保護、日本美術史の編纂も、明治時代の重要な出来事です。

本展では、現代の「美術」につながる諸制度・文化が生まれた明治時代を立脚点として、静嘉堂のコレクションを展観します。初めて重要文化財に指定された近代美術の一つである橋本雅邦「龍虎図屛風」、論争を巻き起こした黒田清輝「裸体婦人像」など、岩﨑家とゆかりが深く、当時としてはセンセーショナル、しかし現代でも色あせない明治美術の魅力をお楽しみください。

※国宝《曜変天目(稲葉天目)》も出品いたします。

会期
2023年4月8日(土)~6月4日(日)
[前期]4/8(土) ~ 5/7(日)
[後期]5/10(水) ~ 6/4(日)
休館日
月曜日、5月9日(火)
開館時間
10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)。
金曜日は18:00 (入館は17:30)まで。
会場
静嘉堂@丸の内 (明治生命館1階)
入館料
一般 1500円
大高生 1000円
障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円
中学生以下 無料

公式オンラインチケット

※来館日時指定予約にご協力をお願いします。
※ご予約の無い方は当日ご入場いただけない場合がございます。(無料チケットは除く)

音声ガイド
鳥海浩輔さん
ナビゲーター:
声優 鳥海浩輔さん
貸出料金:1名様1台 600円(税込)
topに戻る